2010年09月07日

今すぐできる 国民健康保険料の激減マニュアル 小林大 裏技 手口 成果



健康保険料 詳しくはこちら

下記に示したのは今年の
健康保険料等の計算式です。

国民健康保険料の計算方法
平成22年度(平成22年4月から)
 1.所得割────── 課税基準所得(前年中)×6.2%
 2.資産割────── 固定資産税額(本年度)×5%
 3.被保険者均等割── 27,000円(1人あたり)
 4.世帯別平等割─── 27,000円(1世帯)、
特定世帯 13,500円(1世帯)
 5.最高限度額──── 50万円

介護保険料の計算方法
平成22年度(平成22年4月から)
 1.所得割────── 課税基準所得(前年中)×2.2%
 2.資産割────── 固定資産税額(本年度)×2%
 3.被保険者均等割── 7,200円(1人あたり)
 4.世帯別平等割─── 6,000円(1世帯あたり)
 5.最高限度額──── 10万円


わずかこれだけです。
簡単でしょ?
でもさまざまな事情の家庭があり、
さまざまな家族構成や
仕事の形態もあるでしょう。
事業が苦しいとか借金があるなど
情勢は刻々変わってきますよね。

だから、実際は
こんな簡単に決められるものじゃないんです。
情勢の変化によって
いろいろ不公平感やゆがみが
でてくるのです。

そのため、猶予措置や軽減措置、
その他のさまざまな減額措置が
ちょこちょこ作られてきたのです


しかしそれらの措置については
国民一人一人が自分から
国などに申告しないと受けられません


でも、どんな猶予措置や軽減措置などが
あるのかを知らなければ、
申告しようもありませんね。

そうなんです。
知らなければあなたが損をするのです
知っているか、知らないかだけで
国などに払う税金や保険料が
大きく変わってくるのです


もちろん制度を知るだけではだめで、
どんなことに注意すれば
より損をしないで済むか、
もっといえば払わないで済むか、
その申告の手順や方法、時期などを
すべて知っていないといけません。

知識を得て、自分で行動するのが
面倒だと思う方は、
これまで通り国のマニュアルに沿って
税金や保険料を払い続けてください。

年間で十数万から数十万円を浮かせたい方だけ
この裏技マニュアルをご覧ください


じっくりご検討されてもかまいません。
ただ、その間も保険料等は徴収、
または納付されていくでしょうが、
いったん払ったものは、まず返してもらえません。

2か月も検討されている間に
もしかしたらこのマニュアル代は
捻出できてしまっているかもしれません。




健康保険料 詳しくはこちら




残業代回収の専門家が教える“サービス残業代・未払い残業代請求プログラム ノウハウ 効果 口コミ
■ブログ説明
このサイトは、労働問題専門の行政書士・小竹広光さんが、貴方の代わりにあきらめていた残業代など未払い賃金の把握とその請求方法についてまとめたマニュアルプログラムのすべてを公開しています。

試験に役立つ左脳型速読術 受験,ビジネスシーン,英語にも対応する速読法 方法 効果 口コミ
■ブログ説明
このサイトは、松平勝男さんが受験だけでなくビジネスシーンや英会話などでも役立つ速読法のすべてを公開しています。

たった5分で実行に移せる 過払い金請求法 中島知則 内容 成果 口コミ
■ブログ説明
このサイトは、コンサルタントの中島知則さんが公開している過払い金の簡単な取り戻し方を実践してみての感想をまとめています。

posted by nukemititai at 11:21| 国民健康保険減額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。